Menu

コンタクトのアルコンの知っておいてほしいポイント

アルコンは近視、遠視、乱視、遠近両用レンズ、ケア商品に至るまで、いろいろなコンタクトレンズやそれに関する製品を提供しています。装用者のライフスタイルに合わせて、1日使い捨てや2週間・1カ月交換レンズなど、種類も豊富です。また、アルコンではフリートライアルを実施しており、無料で対象製品をお試しできます(検査料別途)。近くのフリートライアル実施店舗を検索して目の検査を行えば、誰でも製品を試すことができます。ただし、検査結果によってはお試しできなかったり、お試しできる枚数が限られたりしますので注意する必要があります。フリートライアルは、対象となるレンズの初回お試しをされる方のみ対象としています。近くのお店で気軽にコンタクトを試し、良かったら購入できるというのは消費者からすると嬉しいシステムです。一度利用してみる価値はあると思います。

アルコンの40代からの大人コンタクトレンズ

アルコンがいま力を入れているのが、40代からの大人コンタクトレンズです。ピントが合いにくい、目が疲れがち、目が乾くといった症状は、40代の約8割の方が感じているそうです。このような症状は老眼の初期症状とも言われ、年齢を重ねるにつれて誰でも感じるものです。目の組織として、レンズ (水晶体)と毛様体筋は、ピントを合わせる働きをしています。遠くのものを見る際は、レンズは薄く平らな状態ですが、近くを見る際にはレンズをふくらませ、ピントを調節します。40代以降になると、このピント調節機能が徐々に低下し、いろいろな物を見るときに不便さを感じてきます。これが老眼の原因です。大人コンタクトレンズは早めに始めるに越したことはありません。初期のうちにフリートライアルをして、自分にあったレンズを探しましょう。遠近両用でもワンデーまたは2週間交換タイプを選ぶことができます。

アルコンのコンタクトレンズ「デイリーズトータルワン」

アルコンのシリコーンハイドロゲル素材のレンズ「デイリーズトータルワン」は、1日使い捨てタイプで酸素透過率が全メーカー中一番高く、目に優しいレンズとして高評価を得ています。その特長は、水分三層です。レンズ表面にはたっぷり水分80%以上、レンズコアにはしっかり形状保持の水分33%が含水されています。そのため、従来品と比べて約6倍の量の酸素が瞳に届くようになりました。1日の終わり、コンタクトを外すまで快適なつけ心地だったと、多くの消費者が回答しています。10年もの歳月をかけて開発された「デイリーズトータルワン」だからこその装用感の良さです。40代以上の方向けに、遠近両用タイプも取り揃えています。遠近両用タイプは、アルコン独自の度数分布デザインで、近く、中間距離、遠くと自然に見ることができます。仕事でもプライベートでも、見え方が変わること間違いありません。